タブーとされている話題

芸能界という世界は、タブーとされている話題が数多く存在しています。
芸能界のタブーは、基本的に特定の芸能プロダクションやテレビ局、番組、タレントなどのマイナスイメージにつながるものですが、その例としては、
・タレントの出自
・芸能プロダクションの社長や社員とタレントとの人間関係
・タレントの性的嗜好
・タレントの過去
・タレント同士の人間関係
・タレント個人の家族に関すること
・タレントと宗教との関わり
・芸能プロダクションやテレビ局、タレント個人などと業界以外の団体や個人とのつながり

とはいえ、こうした芸能界のタブーの話題は、どこまでが本当かというのが曖昧なものも多く、けっこう謎が多かったりします。
芸能界のタブー、そういうところが逆に多くの人をひきつける因になっているのかもしれませんね。

芸能界のタブーと暴露

芸能界は、とかくわたしたちとは縁のない特別な世界と思われがちですが、芸能界を形成しているのも所詮は人間。キレイな部分もありますが、それこそ口外はタブーとされているようなエピソードにも事欠きません。
芸能界のタブーは、「タブー」と言われる反面、一般人にとっては大きな興味の対象でもあります。それゆえ、芸能界のタブーに触れるような話題を扱った雑誌や新聞、書籍などはとてもよく売れるようです。そのため、あえてこのような芸能界のタブーを暴露するような本(いわゆる「暴露本」や「告白本」)を出すタレントや関係者も出てくるわけです。
近年話題になった暴露本といったら、やっぱり石原真理子の『ふぞろいな秘密』(双葉社)でしょうか。この本に関しては、賛否両論ありますが、大きな話題になったのは確かです。

スポンサードリンク